がん検診と二次検査について

がん検診と二次検査について

近年盛んに行われるようになってきているがん検診という医療サービスはがんの早期発見のために行われているスクリーニング検査と言うものです。

例えば近年の日本においては食生活の欧米化に伴って大腸がんの発生率が増加傾向にありますが、その様な大腸がんを早期発見するための検診を行っています。

一般に大腸がんの確定診断のためには大腸内視鏡検査と呼ばれる検査を行う必要があります。



この検査は専門の医師が行う必要がある検査であり、麻酔を必要とする上に時間もかかります。


さらには前日からの絶食や下剤と利用する前処置が必要になることから気軽に受けることが出来る検査ではありません。

そのために少しでも多くの人に対して大腸がんの可能性を測るために検便を実施するのが一般的となっています。


検便は便潜血検査と言う名称であり、便に付着している血液を検出する検査です。


大腸がんになると腸内に潰瘍が出来て出血をします。



その様にして出た血液が便に付着しているかどうかを検査することで間接的に大腸がんの可能性を探るがん検診です。生理でない限りは弁に血液が付着する可能性は何らかの病気が疑われるものであり、その様な一部の人のみを対象に大腸内視鏡検査を行うことでバランスを取っているのです。

ここでは便潜血検査ががん検診と呼ばれるスクリーニング検査であり、そこで陽性の人のみが二次検査である大腸内視鏡検査を勧められます。

がん検診に関する疑問にお答えします。

この様な仕組みでより多くの人にガンの早期発見のチャンスを提供するのががん検診の考え方です。

Copyright (C) 2015 がん検診と二次検査について All Rights Reserved.